長期旅行の前は歯医者に行っておこう

a mouth mirror in a patient s mouth

数か月以上など、長期での海外旅行に出発する予定の方は、ぜひ歯医者に行って診てもらってから旅経つと良いでしょう。

特に、現在、歯や口の中に痛みなど違和感がある人は行っておきましょう。

目次

  • 海外旅行保険では歯科治療が補償されない?
  • 海外での歯科治療は高額?
  • 旅行中に歯が痛いと楽しさ半減
  • 医療技術の不安
    └言語の不安
  • 旅程が阻害される
  • 海外旅行保険のオプションで歯科治療を付加する
  • 長期旅行前に歯を白くしよう

海外旅行保険では歯科治療が補償されない?

photo of woman wearing eyeglasses

海外旅行に出発する際に海外旅行保険に加入する人は多いと思いますが、加入の補償項目の中に歯科治療が対象外となっているケースが結構あります

高額なプランや、最初から含まれている場合もなくもないですが、デフォルトでは歯科治療が付いていないケースが多いです。ですので、海外で虫歯になったり、銀のかぶせ物が取れてしまったりした場合など、歯科に通わなくてなならなくなっても自費で行かないといけなくなります。

歯医者の治療は海外旅行保険対の象外?

positive asian woman brushing teeth

例えば、こちらは損保ジャパンの7万円弱くらいで加入できる海外旅行保険90日の通常プランの事例ですが、歯科治療が対象外となっております

一方、三井住友海上の90日・15万円位の高額プランですと、緊急歯科治療が補償されております。

このように、高額なプランであれば歯科治療の支払いがなされる場合もありますが、かなり割高のプランになっています。

海外での歯科治療は高額?

海外の歯科治療費が高額で驚いている人

旅行中に治療が必要になり、歯科にいかなくてはいけなくなってしまった場合、実費での治療だと高額になってしまう可能性があります

こちらは保険TimesMagagineが過去の資料からまとめた日本人の留学先主要各国の歯科治療比較になりますが、保険の利いた日本の治療費と保険が利いていない場合の各国の治療費なので、確かに各国割高の印象です。

転載:保険Times Magagine
URL:https://hokentimes.com/article/travelhoken/dental-expense/

しかも海外ですと、こちらは正規の金額が分からず、言われた金額を払うことになるので、医師がこちらが分からない項目を付加して金額を上げようと思えばできるので、平均よりも高くなることもあるでしょう

発展途上国であれば安いのでは?と思う人もいるかもしれませんが、確かに物価に併せて料金も下がるでしょうけど、途上国で治療を受けるのは不安という人の方が多いことでしょう。

旅行中に歯が痛いと楽しさ半減

worried young woman covering face with hand

そもそも、旅行中に歯医者など病院に行くこと自体が楽しくないですし、旅行中に歯が痛かったり銀歯が外れたりして滲みるなどあれば、常時気になってしまい、ストレスになり旅行自体の楽しさが半減してしまいます